MENU

Toolbox 技術情報

Toolbox for UST > V1R1M2

[一括]  [通信全般]  [JCA手順]  [全銀ベーシック手順]  [通信ポート定義]  [UST通信サブシステム]  [ドキュメント] 

一括

公開日 Version PTF 機能概要
2018/05/30 V1R1M2 R7SU1011

【一括】Toolbox for UST PTF 一括ダウンロード

Toolbox for UST用のPTFを一括ダウンロードできます。
PTF適用時に、すべてまたは個別指定での適用が可能です。
各PTFの説明については、個々のページをご参照ください。

 対象PTF:Q7SU1001〜Q7SU1011

通信全般

公開日 Version PTF 機能概要
2019/03/22 V1R1M2 Q7SU1014

【機能修正】「ポート状況検索(RTVUSTSTS)」コマンドの修正

「ポート状況検索(RTVUSTSTS)」コマンドのパラメータに関わる不具合を修正しました。
2018/04/24 V1R1M2 Q7SU1010

【機能修正】JCA手順 センター側、全銀ベーシック手順 Bセンター終了時のAPIトレース印刷機能修正

JCA手順 センター側、および、全銀ベーシック手順 Bセンター終了時のAPIトレース印刷機能について、APIトレース・ファイルのメンバー数が上限に達していた等で、トレース・ファイルが読み込めない場合、APIトレース印刷処理がMSGWで停止する問題に対応しました。
2017/03/21 V1R1M2 Q7SU1007

【機能追加】「通信ログ再編成・保持日数指定(RGZUSTLOG)」コマンドの追加

通信ログを一括消去するためのコマンド「通信ログ再編成・保持日数指定 (RGZUSTLOG)」を追加致しました。
2016/12/07 V1R1M2 Q7SU1006

【機能追加】「ポート状況検索(RTVUSTSTS)」コマンドの追加

指定されたポートの状況を取得するためのコマンド「ポート状況検索(RTVUSTSTS)」を追加致しました。

上記コマンドをお客様のプログラムに組み込んでいただくことで、通信を実行する前などに、指定したポートの状況を判断することが可能になります。

JCA手順

公開日 Version PTF 機能概要
2017/09/27 V1R1M2 Q7SU1008

【機能修正】「JCA端末側制御ファイルの処理(WRKJCUCTLT)」コマンドの修正

画面入力項目「透過モード」の初期値を 「非透過(0)」に修正しました。
2016/01/22 V1R1M2 Q7SU1004

【機能修正】JCA手順 センター側 強制終了条件の変更対応

JCA手順 センター側の常駐JOBについて、特定のエラーが発生した場合、常駐JOBをを強制終了しておりましたが、次の通信を待機するよう修正しております。  

(※)特定のエラー
完了コード"36" 着呼以外の受信
完了コード"37" 着呼待ちエラー
完了コード"3B" 通信異常終了通知(着呼時)
完了コード"45" 回線断受信エラー
完了コード"4B" 通信異常終了通知(回線断受信時)

全銀ベーシック手順

公開日 Version PTF 機能概要
2018/06/28 V1R1M2 Q7SU1012

【機能拡張】全銀ベーシック手順通信 送受信データのレコード長拡張

全銀ベーシック手順通信で送受信するデータベース・ファイルについて、指定可能なレコード長を2048byteから8192byteに拡張いたしました。
2018/05/30 V1R1M2 Q7SU1011

【機能拡張】全銀TCP/IP手順通信 Bセンター 最大伝送テキスト長の拡張

全銀TCP/IP基板を使用したBセンター連絡モードの通信について
通信相手先の最大伝送テキスト長は4096byteまでの対応となっておりましたが、この修正により32Kまで拡張いたしました。
2018/03/27 V1R1M2 Q7SU1009

【機能拡張】全銀TCP/IP手順通信 Aセンター 最大伝送テキスト長の拡張

全銀TCP/IP基板を使用した照会モードでの通信について通信相手先の最大伝送テキスト長は4096byteまでの対応となっておりましたが、この修正により32Kまで拡張いたしました。
2015/08/28 V1R1M2 Q7SU1002

【機能修正】全銀ベーシック手順 Aセンターの可変長対応

全銀ベーシック手順 Aセンターの通信処理について、可変長データ交換が可能になるよう機能拡張しております。
2015/08/28 V1R1M2 Q7SU1001

【機能修正】全銀ベーシック手順 Bセンター 強制終了条件の変更対応

全銀ベーシック手順 Bセンターの常駐JOBについて、特定のエラーが発生した場合、常駐JOBをを強制終了しておりましたが、次の通信を待機するよう修正しております。  

(※)特定のエラー
完了コード"36" 着呼以外の受信
完了コード"37" 着呼待ちエラー
完了コード"3B" 通信異常終了通知(着呼時)
完了コード"45" 回線断受信エラー
完了コード"4B" 通信異常終了通知(回線断受信時)

通信ポート定義

公開日 Version PTF 機能概要
2018/11/21 V1R1M2 Q7SU1013

【機能追加】「APIトレースの除去(RMVUSTTRC)」コマンドの追加

APIトレースを一括消去するためのコマンド「APIトレースの除去(RMVUSTTRC)」を追加致しました。
JCA手順通信、全銀ベーシック手順通信のメニューにコマンドを追加いたしました。
2015/08/28 V1R1M2 Q7SU1003

【機能修正】APIトレースデータ文字化け対応

APIトレースデータの出力時、出力データに文字化けが発生しておりましたので、修正しております。

ドキュメント

公開日 Version PTF 機能概要
2018/03/27 V1R1M2 TU11004D

Toolbox for UST_解説書

Toolbox for UST_解説書の修正を行いましました。