MENU

製品情報・サービス

間接費オペレーションとマネジメントを改善 「Concur Expense」

間接費マネジメントを最適化し、従業員の生産性向上・効率化を実現

ERP導入などに代表される業務改革により、企業の直接費・人件費などは最適化が進んでいます。一方、間接費についてはまだ改善の余地が多く残されており、その改善次第で企業の競争力に大きく差がつく領域と言えます。
「Concur Expense」は生産性・ガバナンス・可視化の3つの観点から経費精算を効率化し、間接費の適正化に貢献します。


経費精算業務における課題

<生産性>
  • 訪問先までの路線、電車賃を毎回調べるのが手間
  • 経費規定が守られていないことによる精算処理の差し戻しが多い
<ガバナンス>
  • 経費の不適切使用が即座に把握できない
  • 事後申請が多く、統制が取れない
<可視化>
  • ムダなコストを削減したいが、何がムダかわからない
  • コスト毎の使用状況を把握したい

Concur Expenseの特徴

1.経費精算業務の省力化

モバイルで外出先から経費の入力が可能ですので、隙間時間で業務が行なえます。
また、交通系ICカードやコーポレートカードの利用実績を取り込むことで、経費精算業務のデジタル化を実現します。

2.不正経理の撲滅

経費規定の自動チェック機能や監査証跡の自動記録機能を用いることで、不正支出を防止し、内部統制リスクを低減します。
電子帳簿保存法にも対応しており、規制緩和後の原本破棄を実現できます。

3.経費支出の見える化

150種類以上の標準レポートを提供、カスタムレポートも簡単に作成できるので、様々な角度から経費情報の分析が可能です。
プロジェクトの直接費と組合わせることで、プロジェクト全体のコスト把握にも役立ちます。


Concur Expenseの主な機能

①.交通費の料金の自動取り込み

使用した交通費をスピーディに入力できるので、経費入力の効率が向上するとともに、間違いや改ざんを防止できます。

Concur001.png


②.外部サービスとの連携

タクシー会社、出張関連サービスなど、様々な外部サービスと連携しており、面倒な精算処理を最大限省力化します。

Concur002.png


③.申請時の社内規定自動チェック機能

リアルタイムチェック機能により、不備や規定違反があればその場で警告します。 正しい入力がナビゲートされるので、規定に沿った経費データを正しく入力する事ができます。

Concur003.png


④.データ分析機能

実績データを様々な切り口(使用者、承認者、用途、支払先、同席者、場所...等)で分析することで、実態と異常値を把握し、適正な経費利用の促進と不正の抑止を同時に行うことができます。

Concur004.png


⑤.電子帳簿保存法対応

Concur Expenseのe-文書機能では、スマートフォンやPC・複合機から「領収書」の画像データを取り込み、タイムスタンプを付与し、適切に画像を保管します。 領収書原本保管がなくなることにより、書類の保管コスト削減に繋がります。

Concur005.png

お問い合わせ

ネオアクシス株式会社 事業推進室
お電話またはこちらよりお気軽にお問合せください。
TEL:03-5330-5871

記載された会社名や製品名は、各社の商標や登録商標です。