MENU

プレスリリース

マルチプラットフォームのシステムを監視する 「Toolbox システム監視」を発表

ITホールディングスグループのネオアクシス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高橋 正行、以下 ネオアクシス)と、全国に家電専門店を展開する株式会社エディオンのグループ会社である株式会社エヌワーク(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:清水池 秀生、以下 エヌワーク)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下 日本IBM社)のPower Systems(以下 IBM i)を含めたマルチプラットフォームで稼働する、保守監視ツールの新製品「Toolbox システム監視」の出荷を開始することを発表します。

<IBM i を含めた多様なプラットフォーム環境下のシステム監視が可能に>

ネオアクシスの「Toolbox」はIBM iで広く使われている保守/運用ツール製品です。一方、エヌワークの「CYBER GENIUS」は、エージェントレスでシステム監視を実現するマルチプラットフォーム対応製品で、監視対象は、Windows、AIX、Linuxの他、SNMPに対応した通信機器の稼働状況を監視することが可能な製品です。

「Toolbox システム監視」は、ネオアクシスが開発した、IBM iを監視するための「IBM i監視エージェント(以下 エージェント)」と、「CYBER GENIUS」を連携させることで、IBM iを含むマルチプラットフォーム環境下の様々なネットワーク上の機器類の監視を可能にする製品です。このエージェントによる連携により、従来から「CYBER GENIUS」が持つ監視情報以外に、IBM i上のサブシステムやジョブの死活状況、ファイルやプログラムのロック状況等、様々な状況を監視し、変化や異常をシステム管理者等に通知することが可能となります。

ネオアクシスとエヌワークの両社は、当初5年間で、300本の販売を目標としています。

◆プレスリリースの詳細はこちらのPDFをご覧ください。

◆製品の詳細はこちらのサイトをご覧ください。