MENU

製品情報・サービス

Alog ConVerter

製品概要

ALog ConVerterは、監査証跡として必須となっている[アクセスログの保管]をサーバから取得するタイプのアクセスログ監査ツールです。PCにもサーバにもエージェント(常時稼動型)を設置せずにファイルアクセスやログオンなどの操作ログが取得できます。
また、『収集』『圧縮保管』『検索』『分析』の各機能を一式に備えたオールインワンパッケージなので、運用も簡易でコストインパクトもありません。

OSの複雑なイベントログを解析し、実際にユーザが行ったファイル操作パターンに分析変換することから、ALog(Audit/Access)ConVerter(変換)という製品名が付いています。

特長

Point.1 既存環境に影響を与えない設計

PCやサーバに常駐ソフトを設置しないので、既存環境に影響を与えることなく、導入、運用が可能です。

Point.2 長期の運用にもしっかり配慮

生ログから不要なログを変換処理して削除します。その後ファイルを数千分の一に自動圧縮するので、ログのファイル容量が大幅にコンパクト化されます。さらに高速処理で迅速なログ検索が可能になるので、長期間の運用が可能です。

Point.3 リーズナブルな料金体系

PC台数でのライセンスは不要!アクセス先のサーバ数だけの料金体系で、導入コストを抑えられます。また、『収集』 『圧縮保管』 『検索』 『分析』 の各機能がオールインワンで揃っているため、追加のツール購入は必要ありません。

概要図

動作環境

ALogサーバ

CPU Pentium 4 2.4GHz以上 (Xeon 3.0GHz以上を推奨)
メモリ 1GB以上 (2GB以上を推奨)
HDD ALog ConVerterのインストール、動作の為に20GBの空き容量が必要
別途、SQLのインストール、アクセスログの保管に必要な容量を考慮して下さい。
OS Windows 2000 Server/Advanced Server (x86)
Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (x86, x64)
Windows Server 2003 R2 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (x86, x64)
Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (x86, x64)
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (x64)
※Windows Server 2008のServer Coreインストールオプションには対応しておりません。
※各OSともに日本語版のみのサポートになります
※各OSのすべてのサービスパック(SP)もサポートします
※下記仮想環境のゲストOSでの動作もサポートします
VMWare Server/Workstation/Player、Hyper-V、Citrix XenServer
(VMWareのスナップショットなど、製品固有の機能はサポートいたしません)
ソフトウェア SQL Server 2005 Workgroup/Standard/Enterprise (x86, x64)
SQL Server 2008 Workgroup/Standard/Enterprise (x86, x64)
.NET Framework 2.0以降
※ SQL Server 2000以前は対応していません。
ソフトウェア:
(検索システム利用時)
Internet Infomation Services 5.0以降
Internet Explorer 6.0以降
Adobe Flash Player

ログ取得対象サーバ

個別にお問い合わせください

お問い合わせ

ネオアクシス株式会社 営業推進室
お電話またはこちらよりお気軽にお問合せください。
TEL:03-5330-5871