MENU

製品情報・サービス

Chakra

製品概要・特長

Chakraは、ネットワークを通してデータベース(DB)へアクセスされる全てのSQL文をモニタリングし、DBへの攻撃 を検知・防御します。
DBやネットワークなどの既存環境に一切影響を与えることなく、全てのDBアクセスをリアルタイムにモニタ/ロギングし、誰が・何時・何処から・何を・どうやってアクセスしているのか・結果はどうだったのかによって、アラートによる 通知やDBのセッションを破棄することが可能です。

  • DBへのアクセスログ(要求と応答)を全て(100%)取得します
    (※(Agentで)ローカルアクセスも取得できます。)
  • 既存システム(DBサーバ/アプリケーション)への設定変更・負荷を一切与えません=0%負荷
  • 異なる種類複数のDBを、ひとつのChakraで監視します(Chakraの設定追加・変更だけで監視可能)
  • 運用監視システムやログ統合ソリューション等との連携により、サービスレベル向上・強化が可能です

主な機能

Chakraは、100%のログを取得するだけでなく、不正なアクセスを検出したり、取得されたログを解析する等の機能を有しています。

豊富な監視対象DB

  • 複数の異なるDBを同時に監視可能
    - Oracle:7.3.4, 8.0, 8i, 9i, 9iR2, 10g, 10gR2, 11g, 11gR2
    - DB2 UDB for Linux, Windows, Unix:V7, V8, V9, V9.5
    - MS SQL Server:6.5, 7.0, 2000, 2005, 2008, 2008R2
    - Sybase:ASE/IQ 12.X, 15
    - MySQL:V4, V5
    - Symfoware Server:V7, V8, V9, V10
    - PostgreSQL:7〜8.4

リアルタイム監視

  • リアルタイムにネットワークパケットのプロトコルを解析
  • DBアクセス全て(SQL文、要求と結果)のパケットを解読
  • セキュリティポリシーの設定に関わらず、全てをモニタリング
  • リモートアクセス(TELNET、FTP、Rlogin、Rcmd )もモニタリング

リアルタイム検知・防御

  • データの大量取得やアクセス遅延をリアルタイムに検知した後、通報や指定プログラム(運用監視ツール等) 起動を実施 ・セキュリティポリシーは、リアルタイムに設定変更が可能

監査証跡の記録

  • リアルタイムモニタリングしたアクセス情報を記録
  • 保管 ・結果内容やユーザ等により、記録要否の条件設定が可能

柔軟な統制・分析

  • アクセス記録は、任意の条件で必要な形式(レポートまたはデータ)での出力が可能

直感的なユーザインタフェース

  • 異なる種類のDBを1画面上から一括で監視
  • 各種操作は、DBの知識を必要としません
  • アイコンイメージによるマニュアルレスな操作手順

セッションモニタ

SQL
SQLセッションをリアルタイムに表示

リモートアクセス
リモートアクセスセッション(Telnet、FTP、Rlogin、Rcmd)をリアルタイムに表示

アラート設定

アラートポリシーの設定によりポリシー違反を検出/メール送信・運用監視ツール等への連携が可能 重大な違反は当該セッションの破棄(kill)も可能

ログアナライザ

全SQL
SQL全件をロギング

SQL結果
SQLの実行結果(DBから抽出されたデータ)自体をロギング

アラート
発生したアラートをロギング

ロギングポリシー (ロギングのフィルタリング)

ロギングポリシー(条件の指定)により、条件に合うSQL文だけをログとして保存

レポート

インスタンスの稼動状況・SQL文/セッション毎の統計等をレポート形式として出力

システム構成例

Chakraは、以下の"2ステップ"だけで導入が可能です。

  1. DBサーバが接続されたネットワークスイッチ(ミラーポート)をChakraサーバへ接続
  2. 監視対象DB(サーバ/インスタンス)の情報をChakraサーバへ設定

監視対象DBの設定が容易なため、導入・運用負担が大幅に軽減できます。 (1DBの設定にかかる所要時間は、5分程度)

動作環境

対応DBMS Oracle:7.3.4, 8.0, 8i, 9i, 9iR2, 10g, 10gR2, 11g, 11gR2
DB2 UDB for Linux, Windows, Unix:V7, V8, V9 V9.5 V10
MS SQL Server:6.5, 7.0, 2000, 2005, 2008, 2008R2,2012
Sybase:ASE/IQ 12.X, 15
MySQL:V4, V5
Symfoware Server:V7, V8, V9, V10
PostgreSQL:V7,V8,V9
対応DBMSの
プラットフォーム
UNIX Series:SUN, HP, IBM AIX など
LINUX
Microsoft Windows Series
Chakra
動作プラットフォーム
CPU:Xeon 3GHz 2CPU 以上を推奨
メモリー:2GB 以上、4GBを推奨
DISK:数MB〜20 GB / 日 (監視するデータベースの処理量、ロギング方針で変化)
OS:Windows 2000 / 2003 / 2003R2 / 2008 2008R2 Server
Red Hat Enterprise Linux 3, 4, 5 
CentOS 5,6
Network:Ethernet Adaptorを2枚以上

ネオアクシスがご提供する『ログ統合ソリューション』

ネオアクシスは、多様なログの"取得〜統合環境"を一環してご提供しており、多数の導入実績を有しています。

お問い合わせ

ネオアクシス株式会社 営業推進室
お電話またはこちらよりお気軽にお問合せください。
TEL:03-5330-5871