MENU

製品情報・サービス

Vocollect 物流業務用音声システム

物流業務の精度を高め、同時に物流コストの削減を実現

  • タフな音声端末で、ヒトが作業する環境であればどこでも使用可能
  • 過酷な騒音環境下の実運用にも耐える高い音声認識技術

物流の現場が抱える課題

● 物流業務の精度を高めることと、コストの削減が相反関係にあること
    正確な在庫の把握やリアルタイムのデータ管理など、物流業務の精度を高めるには相当な投資と運用費用が必要で、物流精度とコストには相反関係がある。
● 熟練作業者と新人との間の業務遂行量の差を埋めるのが難しいこと
    商品や商品の置き場所を熟知しているベテランと、新人とでは業務遂行量に大きな差があり、短期間でその差を埋めることが難しい。
● 賞味期限やロット番号の管理などのトレーサビリティ管理の実現が難しいこと
    食の安心・安全を担保する賞味期限管理や、商品・部品のロット番号などの管理の重要性は認識していても、倉庫や工場内の物流現場で情報を入力することが難しい。

物流現場が抱える課題を解決しながら、物流コストを削減する仕組みが求められています。


solution.png

◆ネオアクシスが提供する「Vocollect 物流業務用音声システム」

Vocollect(ヴォコレクト)は、音声作業ガイドを使ったコンピュータとの双方向の会話によって、物流業務における「リアルタイムの情報共有」「作業効率の向上」「作業精度の向上」「作業スキルアップの時間短縮」「作業安全性の向上」を実現します。

Vocollect 物流業務用音声システムの概要

1.音声を使って作業者に指示を出し、音声を使って作業者の回答を聞き取るシステム
作業指示と作業報告、問い合わせと応答という双方向の会話で進行します。コンピュータを相手にした2人1組の共同作業と言えます。

2.音声による作業ガイドで迷わず正確に作業を遂行
1問1答方式で、音声端末の指示に従って作業するだけで業務が完了します。商品が置かれた棚の場所を探しまわることが無くなります。割れ物や重ね置きに関する注意事項なども音声でガイドされるので、正確に作業を遂行することが可能です。

Vocollect 物流業務用音声システム 機器構成概要

音声システムのアプリケーションサーバ1台を中心にしたシステム
音声会話プログラムや音声端末の管理を行うサーバを中心にしたシステムで、物流管理システムや倉庫管理システム(WMS)との連携が可能です。一般的な無線LAN環境(Wi-Fi)があれば、音声端末を接続することが可能です。音声システムを導入するために特別な設備や、既存施設の大きな改修の必要はありません。


Vocollect_1.png

Vocollect 物流業務用音声システムの特長

1.冷凍庫内でも、真夏の炎天下でも動作するタフな音声端末

動作温度:-30°から+50°/ 動作湿度:100%結露
ヒトが作業する環境であれば、どこでも利用することができます。

防塵・防水仕様:国際電気標準会議(IEC)規格のIP67相当
防塵等級6:耐塵形で、倉庫や工場内の汚れに対応
防水等級7:水中での30分の浸漬に対する保護

2.一般的な無線LAN環境があれば利用できる音声端末

ネットワーク規格:IEE802.11b/g対応
一般的なWi-Fi環境さえあれば音声端末を利用することができます。

3.音声端末の長時間稼働を支えるバッテリ

常温で12時間、低温で8時間動作
フル充電すれば、朝から夕方までの連続作業が可能です。
モニタリングチップが付いているので、ローバッテリの際には自動的にアラートが出ます。

4.優れた音声認識:話者特定音声認識技術

過酷な騒音環境下の現場での実運用に耐える高い音声認識率
カーナビやスマホ、一般的な音声システムに利用されている話者不特定音声認識技術では、活舌の良い作業者の音声認識率は高く、活舌の悪い作業者の音声認識率は低くなります。
Vocollectが採用している話者特定音声認識技術では、作業者の実際の声を予め登録しておくので、活舌の悪さや、方言、あるいは外国人特有の訛りがある日本語も克服し、高い精度での音声認識を実現します。

5.周辺機器との連携(オプション機能)

バーコードリーダやラベルプリンタとの連携が可能
音声端末には、無線LANの通信ポート以外に、Bluetooth対応のポートが用意されています。
バーコードリーダなどのスキャナ、携帯ラベルプリンタなどのプリンタ類との接続が可能です。現場での送り状やラベルの発行にも対応します。

Vocollect_3.png

Vocollectの導入効果

1.作業生産性、作業精度の向上とコスト削減を同時に実現

ハンズフリー、アイズフリーで物流業務における理想「商品以外に何も触らない」を実現
持たせない、待たせない、歩かせない、探させない、考えさせない、書かせない、により、作業の生産性を向上させます。
指示書などの紙や、PCなどの端末類が不要です。目線が常に商品に向いているので、見間違い・取り間違いによる誤出荷を抑止します。
また、リストの読み飛ばしや数量の読み間違いなど、伝票の見誤りによるミスがありません。正確に作業を遂行することができます。

付帯作業の時間を排除し、労働時間を短縮
作業者は、音声で応答すればすべての作業が完結するので、帳票への記入やシステムへの入力などの付帯作業から解放され、大幅な労働時間短縮を実現します。
また、作業の習得に要する時間が短いので、新人、短期雇用者でも短期間で即戦力化することができます。

システムと1問1答方式で対話し、誤りのない作業を実現
物流現場には、必ずと言ってよいほど、予め定められた作業手順があります。しかし、実際の現場では自分なりの方法で作業していることが多く見られます。
例えば、10行の明細がある作業指示書により、本来ならば1行毎にチェックする手順になっているにも関わらず、10行分をまとめてピックアップして、最後にまとめてチェックするというようなことが起こっていて、検品の段階で誤りに気付くようなことがあります。
音声システムは、1問1答方式の作業になるので、作業の漏れが無くなるだけでなく、作業手順通りの手順を順守することにもなります。音声システムでは、1つの作業指示に対して、作業者からの回答が無ければ、次の作業に入らないようになっています。

2.熟練作業者と新人との間の業務遂行量の差を埋め作業の平準化を図る

音声ガイドにより迷いを防止
音声システムは、商品と保管場所を指示しますので、倉庫内を探し回ることが無くなります。
また、新人でも音声端末の操作さえ覚えれば、音声端末の指示通りに作業すればよいので、迷いが無くなり円滑に作業を進められ、ベテランの業務遂行量との開きが少なくなります。

音声ガイドによりエラーをチェックし、サービスレベルを向上
音声システムは、商品名と数量だけでなく、「天地無用」「割れ物注意」「重ね置き禁止」などの注意を喚起のメッセージも発信します。
また、商品のピックアップの際に、作業者は「取り出しました。」ではなく、「30個取り出しました。」というように、指示された数量を必ず繰り返します。誤った数値で応答するとチェックが入るようになっています。新人でもベテランでも、同じ作業精度で業務を遂行することができます。

3.賞味期限やロット番号の管理などのトレーサビリティ管理の実現

データ整合性の確保
Vocollectは、既存の基幹システムとリアルタイムで、出庫・入庫・移動などのデータ連携(データ共有)を可能にします。ヒトの記憶に頼らない、正確なロケーション管理が可能です。
また、Vocollectは元々ホストコンピュータのアプリケーションとして開発された経緯もあり、基幹システムとの連携を得意にしています。例えば、現場から賞味期限の日付データを読み上げるだけで、食品の賞味期限管理システムに対して、賞味期限の情報を入力するような連携が実現します。クライアントに対して食の安全・安心を担保する重要な仕組みが出来上がります。製造現場におけるロット番号の管理も同様に実現します。

4.作業の安全性の向上

ハンズフリー、アイズフリーがもたらす安全性の向上
音声システムは、手に何も持つ必要が無いシステムです。両手で商品をしっかり持つことができます。指示書などの紙を見る必要もないので、作業者の目線は商品に集中できます。商品を落とすなどの、事故につながる要因が減少します。


Vocollect_2.png

ミニコラム Vocollect開発の経緯

Roger Byford氏(Vocollect 創業者の一人)は、当時勤務していた会社で行われていた、戦闘機のレーダーシステムに使用される回路基盤の検査作業の効率化について依頼されました。
その検査作業は、回路基盤を顕微鏡で覗き込みながら、基盤の反応検査や回路検査を実施するやっかいなもので基盤から 目線を外さない状態で検査結果記録する必要がありました。
最も効率的な方法がないか模索し音声記録方式を思いついたのが今から30年以上も前のことです。音声認識技術の実用化を、現在の家庭用のPCの演算能力の1/1000にも満たない当時のコンピュータ で行うことは非常に困難した。そのために、処理能力の高い大型汎用コンピュータが実用化に使われました。
その後、使用するコンピュータの小型化に成功し、今日のVocollectに至っています。

Vocollectの豊富な導入実績

グローバルで65か国、4,000社以上、約100万人のユーザWalmart社を含む、世界の主要企業の物流部門が活用
Vocollectは、主要企業における様々な厳しい作業環境で、長年にわたり使用されてきたことで、厳しい環境にも耐え、正確な物流業務を実現する卓越した音声システムとして成熟しました。

ネオアクシスが提供するVocollect

物流システムは、基幹業務と現場が使う仕組みの両者を組み合わせることが重要
ネオアクシスは、基幹業務システムと個別システムの構築を得意にしています。そのため、トレーサビリティシステムのような基幹系システムと現場で使われる音声システムの両方を、お客様毎に最適化して提供することが可能です。

トレーサビリティシステムだけでは、現場において賞味期限情報やロット番号を入力することが非常に困難です。トレーサビリティシステムと音声システムの両方を構築することで、トレーサビリティの管理に必要な情報の効率的な入力と活用が可能になります。

ネオアクシスは、30年を超えるシステム構築・移行に関する豊富な実績を持っています。お客様の現場が抱える課題を、お客様と一体となって解決します。音声システムに限らず、細かなことでも結構ですのでぜひネオアクシスにご相談ください。

お問い合わせ

ネオアクシス株式会社 営業推進室
お電話またはこちらよりお気軽にお問合せください。
TEL:03-5330-5871