MENU

製品情報・サービス

IBM i (AS/400) ユーザの基幹システムオープン化を実現するintra-mart

Windows、Linuxなどのオープン系システム上のアプリケーション
基幹システム上の業務アプリケーションを高品質・短期間で開発

ITシステムのオープン化、クラウド化が加速する現在、IBM i(AS/400)を長年にわたり使用されているお客様でも、IBM i(AS/400)上で構築した基幹システムのオープン化を検討されるケースが増加しています。

オープン化を実現するにはパッケージ導入、スクラッチ開発などの選択肢がありますが、単純なパッケージ導入では、長年使い続けてきた業務プロセスや業務フローを変更することになり、また、スクラッチ開発では時間とコストがかかり過ぎるといった理由から、オープン化になかなか踏み切れないお客様が多いのではないでしょうか。

IBM i(AS/400) ユーザが抱える課題

企業の基幹業務を支えるIBM i(AS/400)には、長期に渡り利用されてきたアプリケーション資産が稼働しています。このアプリケーション資産を今後も継続して利用したい一方、多くのIBM i(AS/400)は次のような課題を抱えています。

  • COBOLやRPGの技術者不足
  • システム開発・保守作業の属人化
  • プログラムのスパゲッティ化
  • システム管理者の後継者不足
  • システムの独自性が強く、外部システムとの連携が困難
その結果、ビジネス環境の大きな変化に対応した、新しいサービスを生み出す戦略的なIT基盤の構築や、ローコストで迅速なシステム開発、基幹システム内に蓄積したデータをWeb環境で利活用するような業務改善の実現は決して容易ではありません。


solution.png ネオアクシスは、このような課題を持つお客様向けに、オープン環境での基幹システム開発を高い生産性で実現する「intra-mart Accel Platform」で、環境構築からアプリケーション開発・保守までをトータルでサポートします。


im001.jpg

オープン系アプリケーション開発基盤:intra-mart

intra-martは、オープン系システム上の基幹業務や周辺業務のアプリケーション開発基盤として、5,300社以上の導入実績があり、その開発生産性と技術者の育成が容易な点で、ユーザー様より高い評価を得ています。

ネオアクシスが長年の基幹システム構築で培った業務ノウハウと、intra-martのテクノロジーを組み合わせることで、お客様の業務プロセスにおける強みを損なうことなく、システムのオープン化をスピーディに実現する事が可能となります。


im002.jpg

intra-martの特長

1.アプリケーションをオープン&イージーにスピード開発
intra-martは、Javaをベースとしたシステム開発・実行基盤です。また、数百種のコンポーネントと数万種のAPIを利用できるため、一から設計を行なわず、予め用意されているモジュールを組み合わせることで、ノンコーディングで迅速なアプリケーション開発を可能にします。それにより大幅な生産性向上が見込めます。

2.すぐに使える豊富な業務アプリケーション
intra-martには、ビジネスの即戦力となるパッケージ化された業務アプリケーションが各種取り揃えられています(別売)。
それぞれのアプリケーションは導入後すぐに活用することが可能です。またintra-martのアーキテクチャで構築されているため、intra-martベースでスクラッチ開発された他のアプリケーションとの連携も容易に可能です。

3. 強力なワークフロー機能
企業内で必要となる多種多様なワークフローが、5,300社を超えるintra-martの実績をベースに、長年にわたり改良されてきました。高い柔軟性、シンプルな開発用画面、各種システム連携など、幅広いニーズに対応が可能です。
単なる電子ワークフローとしてだけでなく、業務プロセス全体を見える化し業務の標準化を図るBPMシステムの構築も可能です。

4.開発環境や実行環境を選ばない柔軟なシステム基盤
intra-martはクラウド、オンプレミス両方の環境に対応しており、専用のPaaS基盤も選択頂けます。また、実行環境も各種ブラウザからモバイルまで選択できるため、お客様のシステム環境や要件に応じて、統合された一つのシステムを様々な形でユーザと開発者に提供することが可能です。


im003.jpg

intra-martの導入効果

1.システム集約による効果的なIT投資を実現
社内にさまざまなシステムが乱立し複雑に連携していることや、IT要員のスキルが追いつかないことで、開発・運用・保守の負荷が高くなった業務システムも数多く存在します。
intra-martにより、システム基盤を共通化し、全体を最適化することで、コスト削減と標準化を両立できるようになります。

2.老朽化したホストコンピュータのオープン化を実現
基幹業務を支えるホストコンピュータの老朽化を感じながらも、業務、システム、要員など様々な制約でオープン化に踏み切れないお客様を、IBM i(AS/400) とintra-mart双方のノウハウを持つネオアクシスが、安心・安全なマイグレーションとオープン化の実現をご支援いたします。 また、IBM i(AS/400)とオープン系、両方のプラットフォーム上でのアプリケーション開発、システム構築やシステム・データ連携までをきめ細かくサポートします。

3.ビジネスの要求に迅速に応える基盤の確立
intra-martでは、アプリケーションでよく利用される機能を「Javaコンポーネント」として提供しています。そして、複数の「Javaコンポーネント」を組み合わせることで、大規模なWebシステムを短期間かつ高品質に構築できます。

4.マルチテナントによる複数企業への対応
intra-martでは、マルチテナント機能による複数企業への対応が標準で実装されています。1つのテナントの中(1つのデータベーススキーマの中)で複数の企業を対応させることが可能で、グループ会社(親会社―子会社)に同一のシステムを導入され、スムーズなグループ経営で効果をあげている事例も多くあります。
また、企業毎の情報を論理的に分けることができ、必要な情報を企業間で共有したり、企業固有の情報を企業内に留めたりといった対応が可能です。このマルチテナント機能により、アプリケーションの利用効率の向上と集約化を実現します。また、複数の企業間でのワークフローの導入も可能です。


im004.jpg

アプリケーション開発をきめ細かくご支援するネオアクシス

ネオアクシスはこれまで IBM i(AS/400)のお客様に対して、RPGはもとより、開発生産性やシステム保守性などを向上させるLANSAなどの開発ツールも活用し、基幹システム開発を手掛けて参りました。また、情報系システムとして、IBM Notes/Dominoをはじめとする各種グループウェアを長年にわたり手掛けています。

IBM i(AS/400) を知り尽くしているネオアクシスは、一方でIBM i(AS/400)だけでなく、Windowsなどのオープン系プラットフォーム上の基幹業務システム開発やERPシステムの構築・情報系システム開発までもカバーできる数少ないSIベンダーです。新システムのみならず残った既存システムに対しても、モダナイゼーションやアウトソーシングサービス「AMO(Application Management Outsourcing)サービス」などのご提案が可能です。

今後は、intra-martのBPM製品「IM-BPM」とネオアクシスの業務見える化サービス「BPEC」を組み合わせた新サービスの提供も予定しています。
これは『既存業務の分析→業務プロセスの見える化→業務プロセスの自動化→業務プロセスにおけるボトルネック・課題の発見→改善サイクルの策定』、という流れを、一連のサービスとして提供するもので、「BPMを導入してビジネスのパフォーマンスや品質を上げたいが、どこから手をつけていいかわからない」という悩みを抱えるお客様を強力にご支援します。

IBM i(AS/400)をオープン化して活用したいと考えておられるお客様や、システムの保守・サポートでお困りのお客様は、ぜひネオアクシスにご相談ください。
ネオアクシスは、お客様が本来のビジネスに注力できるよう、用途やご希望に合った柔軟なソフトウェア開発環境の構築から、開発・運用・保守までをワンストップで対応します。

お問い合わせ

ネオアクシス株式会社 営業推進室
お電話またはこちらよりお気軽にお問合せください。
TEL:03-5330-5871