MENU

業種別基幹業務

ネオアクシス新しい業種・業務別ソリューションをご紹介します

商社・卸売業向け基幹業務開発

専門商社や卸売業に関する深い業務知識を、基幹システムのベストプラクティスとして実装
手作業や二重・三重の入力を排除して、業務の生産性を飛躍的に向上

商社・卸売業特有の課題

複雑な販売業務

専門商社や卸は多数の顧客と取引していますが、取引に使うフォーマットが顧客ごとに異なるという課題を抱えています。例えば、Web EDIを利用する場合でも、顧客のA社から送られてくるデータフォーマットと、B社から送られてくるデータフォーマットは異なります。このように、注文書や出荷依頼のフォーマットが、顧客ごとにバラバラになっています。

また、顧客に在庫を預けておいて、使った分だけ売上として計上する販売形態や、手数料収入のみ計上する受託販売、レンタル・リース取引など、販売形態も多種多様です。

手作業を中心にした業務と、多数の手書きデータ

FAXによる注文も依然として有力な注文手段として利用されています。手書きのFAXのデータやバラバラのデータフォーマットを、自社のデータフォーマットに変換して処理することが業務上の大きな負担となり、業務の効率化を妨げています。

業務の改善が困難

商品の在庫量を確認することは日常的に行われていますが、適正な在庫を持ちながら、滞留分を他の倉庫に移動させる横持ちは、実際にはあまり行われていません。その理由には、適正な在庫量や、地域ごとの販売量から横持ちの量を調整するなど、改善のために有効な情報が得られないことがあります。

売上実績などのリストはあっても、横持ちを行うことによって実現すべき適正値や、商品管理の各種KPIを把握できるシステムが存在しないことが原因と考えられます。

商社・卸売業向け基幹業務開発

日本独自の商習慣(複数仕入、納品体系等)に最適なシステムを提供
専門商社・卸売業のベストプラクティスを実装した基幹システムを開発
期限管理の徹底、出荷期限切れ品の誤出荷の防止による安全性を向上

商社・卸売業に特化した基幹業務システム

専門商社や卸の業務にぴったり合った業務パッケージを見つけることは非常に困難です。部品化された業務モジュールと業務に最適なユーザインタフェースを必要に応じて組み合わせることにより、日本の商習慣や自社の業務に最適なシステムを構築します。
また、独自業務のフローにも柔軟に対応するだけでなく、画面や帳票の構成を自由に検討することによって、高い操作性を実現します。

商社・卸売業で必要とされる委託・受託取引などに対応

製造業者や商社が商品の所有権を留保しながら、販売業者に商品の販売を委託する販売方式に対応し、販売完了時の代金支払処理など、商社・卸売業で必要とされる業務に対応します。

商社・卸売業の安全・安心の実現を強力にサポート

特に、食品や医薬品などを取り扱う企業における、賞味期限管理の徹底および出荷期限切れ品の誤出荷の防止、商品のトレーサビリティ機能、先入れ先出しの考え方に基づいた在庫引当などをシステム化・自動化することにより、リスク管理の強化をサポートします。

ネオアクシスは、35年以上にわたり基幹業務構築に関するノウハウを蓄積し、商社・卸売業のベストプラクティスを提供します。