MENU

業種別基幹業務

ネオアクシス新しい業種・業務別ソリューションをご紹介します

組立系製造業 生産管理

組立系製造業のベストプラクティスを標準機能として実装
製造業に共通する正確な『原価』『在庫』の把握

製造業の共通課題

正確な『原価』の把握

多くの企業は、標準原価(計画原価)に基づく原価計算を行っていますが、実際に使った原材料費に基づく原価計算を行う重要性が高まっています。

ここ数年は、原油・石油関連製品などの原材料価格と外国為替相場の大幅な変動が起きるようになりました。適正な販売価格を決定し、値上げの際の正しい根拠を持つために、仕入や工場稼働に必要なエネルギーなどの原価の価格変動を正しく把握することや、適正な販売価格を決定し、値上げの際の正しい根拠を持つことが、企業収益確保の観点から必要不可欠になりました。

大量ロットでの仕入れ、ジャストインでの仕入れを問わず、実際の仕入れに基づく正確な原価の把握が、企業の適正な収益を確保するために、より一層重要になりました。

正確な『在庫』の把握

使用した原材料の在庫量が、システム上と実際の在庫量と違っていると、生産計画そのものの確からしさが損なわれます。システム上の在庫量と、倉庫内・製造現場内の在庫量(実棚)の一致を実現することは、意外にも難しいものです。

入出庫の都度、現場で伝票を発行していても、事務所に戻ってからシステムへの入力を忘れるたり、転記ミスなど、一日のごくわずかな在庫の狂いでも、長期にわたり蓄積すると、月間や年間では大きな狂いが発生します。日々の緻密な在庫管理が必要です。

生産計画(MRP/生産スケジューラ)

受注量と納期、現在在庫量を考慮して、1~2名のベテランの生産計画担当者が年間、月間、週間、日の生産計画を立案するという、人による生産計画を行っている企業が数多くあります。ベテランの担当者のノウハウを引き継ぐことは、決して容易ではありません。生産スケジューラを活用してシステム化をしようにも、ベテランの担当者の頭の中に入っている、膨大で複雑な生産計画のロジックや数値(暗黙知)を、スケジューラ上でパラメータ(形式知)として設定することが非常に困難です。

山積み計画と山崩し計画には熟練の技が必要です。MRPから出力された計算結果(純所要)だけを使って調達を考えると、需要の伸びに対応できずにすぐに欠品が出たり、適切な予備品が確保できないなどの問題が発生します。

お客様の力だけで、実際の運用に耐える生産スケジューラを導入し運用することは非常に困難です。導入時に運用を見据えたコンサルテーションサービスを受けることにより、実際の運用に合った仕組みを構築することが可能になります。

組立系製造業特有の課題

近年の組立系製造業は、製品に付加価値を付けるために、少量多品種生産の傾向が強くなってきています。多数の部品と設備が必要で、特に製造ラインを効率よく運用するための生産計画を立案することが、生産性を高めるために大きな課題となります。どのラインで何を作るか、そのラインで作業が出来る人をアサインするなど、考慮すべきことが数多くあります。ラインの設備の不具合や製造担当者の突発的な休暇などのトラブルは日々発生し、生産計画変更の対応に苦慮している企業が数多くあります。

自動車部品メーカーの場合には、ジャストインで供給を受けて、ジャストインで提供することを実現するために、調達側と供給側のサプライチェーンの可視化、特に調達先(仕入先)とのコミュニケーションを変えたいという現場の要求が増加しています。調達担当者は、メール、電話、FAXと確定後のEDIによる発注を、ポータルを利用したワークスペースによるコミュニケーションに変革して、問い合わせ、回答、発注の一連の業務をIT化したいと考えています。

組立系製造業向けの基幹システム

グローバル化が進む組立系製造業に最適のシステム
組立系製造業のベストプラクティスを実装した基幹システム
開発・運用が楽でビジネスユーザにとって使い易い基幹システム
高機能な生産計画に対応したスケジューリング機能を標準で提供
.NETをベースにした、カスタマイズなどの開発生産性と保守性に優れた基幹システム

組立系製造業向けに特化した基幹システム

生産スケジューリング機能と統合部品表(BOM)管理機能を標準で搭載

外部のスケジューラとの連携が不要です。標準でAPS(Advanced Process Scheduler)と呼ばれる生産スケジューラが提供され、一般的な基幹業務システムでは対応できない製番管理を含め、見込生産、受注組立生産、個別受注生産、繰返し生産などの多様な生産形態に対応します。

スケジューラ、モバイル、ダッシュボードなどの先進的な機能も含め、製造業で必要とされる業務機能(1,500〜1,600機能)を標準で搭載しています。お客様は、製品を通じて、組立系製造業のベストプラクティスを享受することができます。

ライン計画では、人が休んだ場合の影響をシミュレーションして最少化することが可能です。ライン計画を細かく、何度もシミュレーションを繰り返すことができます。

精度が高く、柔軟な統合BOM

見積り時からBOMを原価管理に使ったり、1品目に対して複数のBOMを定義することができるので、設計変更にも柔軟に対応できます。部品が途中で変更される切り替え計画(旧部品を使い切って、新部品に切り替える)のBOMにも対応できます。数千、数万点の品目にも対応可能なBOMで、精度の高いBOMを実現します。

グローバル対応の豊富な実績

全世界で5,500以上の導入実績を誇り、アジアだけでも 1,400以上の実績を持つ基幹業務システムのSyteLineは、全世界で150社以上のパートナーがあり、全世界のサポートセンターによって、365日×24時間のサポートを受けることが可能です。アジア圏では、日本・中国・韓国・タイインド・マレーシア・ シンガポールにサポート拠点があります。さらに、マルチ言語、マルチ通貨、そしてマルチサイト対応しているため、世界中で安心して使用することができます。

グローバルで利用できる実績と機能
製品の強み 概要
単一システムで業態変化に対応 様々な業種・業態対応基本機能及び業種特化機能
組立製造型・プロセス製造型・両者混在型対応機能
低TCOによるシステム導入・運用 コンポーネントベースの製品構成と複数UIを提供
定義済情報アクセスツールを標準提供し、EUC化推進
API定義済情報連携ツールを提供し容易な外部連携
運用安定性、堅牢性で高評価のIBM i 上で稼働
サーバOSバージョンアップ対応への製品保守サポート
真のグローバル適応性 多国、多拠点、多通貨、多言語及び柔軟な税対応
システム日時、拠点日時によるマスタ、トランザクション管理
日付・時刻編集のローカル拠点毎特性対応
ローカル拠点毎の数値編集対応(小数点記号)
拠点生産計画、拠点原価計算等の独立処理
日本、タイ、ブラジル等ローカル業務要件対応

正確な『在庫』の把握により、正確な生産計画を実現

リアルタイム処理による、正確で漏れのない在庫管理

ハンディ端末(スマートデバイス)を利用し、現場で入出庫情報を処理することにより、入力漏れや転記ミスを排除します。緻密なオペレーションにより、正確に日々の在庫管理を行うことができます。

また、倉庫内での音声によるピッキング支援システムにより、ピッキング作業の生産性と正確性を向上させます。作業員によるピッキング作業のばらつきを排除して、誰が作業しても同じ結果を出せるようにしながら、正確な在庫の把握を実現します。

ERPの改善効果を最大化するBPECの提供

ネオアクシスでは、基幹業務システムの導入効果を最大化するために、業務課題の見える化手法・サポートツールの「BPEC:Business Process Engineering Cycle」を提供しています。BPECを利用することで、2週間程度の短期間で改善効果が見込める業務を特定し、IT利用、非利用問わず業務プロセスに潜むムダや課題を可視化します。改善により得られる効果を金額ベースで明示することができます。パッケージの導入時に改善効果の高い業務に投資を絞って、得られる効果を最大化します。

ネオアクシスは、前身のエス・イー・ラボの設立以来35年以上にわたり、精密機械組立系製造業と、化学・薬品、樹脂製造などのプロセス系製造業を中心にした基幹業務構築に関するノウハウを蓄積しています。
TISインテックグループとして、MES、IoT、技術情報(レシピ・製造技術管理)などのGHS管理の開発提案も可能です。
また、今後は作業時間(着手・完了時間)のトラッキングや、物品の入出庫情報のスマートデバイスによる管理など、きめ細かい提案により製造業のお客様を強力にサポートします。